下半身ヤセを実現するためには、歩くことがマスト。私のレッスンでは、毎日8000歩〜1万歩を達成することを指導しています。しかし、歩くのに適したスニーカーはフェミニンなスカートには合わないし、パンプスでの長距離歩行は足が痛くなってしまうなど、悩みはつきません。

私自身、1年で20キロのダイエットをしていた時に一番困ったのは靴でした。外出時にはわざわざかさばる「歩きやすい靴」を持ち歩き、ちぐはぐなコーディネートを見られたくないあまり、暗い裏道を通って歩いていました。私の生徒さんも同様に困っており、「歩きたい気持ちはあるのに、どんな靴を履けばいいかわからない…」「靴が服を選ぶので、ダイエット中はオシャレが楽しめない…」など、多くの方から相談を受けていたんです。

そんな折に舞い込んできたダイエットシューズの監修のお話。初回の打合せで、「高いファッション性とスニーカー以上の機能を搭載したシューズを作りたい」と、私と生徒さんたちの「あったらいいな」をお伝えしました。当時は似たような靴がなかったので、サンプルを出してもらっては私が実際に履いてみて、最低でも10万歩はウォーキング。沢山歩いてエクササイズしてほしいからこそ、実際に歩いてみたんです。デザインや履き心地、エクササイズ効果など微調整をくり返し、構想と研究から1年半の時を経てできあがったのが「スリムコーチ バレエシューズ」です。

今ではバレエシューズだけでなくサンダルやブーツなど、お客様の声にお応えして商品展開しているスリムコーチシリーズですが、「歩く」を「エクササイズ」にするという考え方、新商品のサンプルで自ら10万歩以上のテスト歩行するということは変わっていません。

私のこだわりが詰まった「スリムコーチ」シリーズを、ぜひあなたの下半身ヤセにお役立てください。